石油給湯器は寒冷地で活躍〜命をつなぐ給湯器〜

理想の空間業者依頼で手軽に実現

トピックス

灯油を使う石油給湯器

石油給湯器はその特徴からかつては業務用など限られた用途に使われていましたが、現在では家庭用の給湯器も普及が進んでいます。熱効率を従来よりも高めた省エネタイプなど、製品のバリエーションも豊富になっています。

  続きを読む

給湯器のトラブル

給湯器を長い期間続けると、何らかの不具合やトラブルを起こすことがあります。給湯器の取替や修理は、専門の業社に依頼しまよう。インターネットを検索することで、給湯器のいろいろな情報を得ることもできます。

  続きを読む

交換時期について

多くの家庭で使われているガス給湯器の交換時期は、前の交換から10年というのがひとつの基準です。その時期の前後に交換工事をしてくれる業者さんに相談するというのが、ベストなタイミングなのです。

  続きを読む

給湯器の変化

ご自宅に設置する石油給湯器をお探しならコチラへどうぞ!各メーカーの商品が揃ってます!安心の保証があるのも魅力ですよ!

激安で給湯器を販売設置している業者がこちらにあります!低コストで高品質な物を扱っているのでオススメですよ!

家庭用給湯器の変遷について

家庭用給湯器は、その熱源の種類によってガス式、電気式、石油式の3種類に分けることができます。都市ガスが現在ほど普及していなかった時代は、ランニングコストが安価だという理由で石油給湯器を使用する人がたくさんいました。ただし、石油給湯器を使用する場合は大型の燃料タンクの設置が必要になりますし、夏場でも定期的に業者に来てもらい、給油してもらわなくてはなりません。また、石油給湯器は作動音が大きいため、近所から苦情を寄せられる可能性があります。そのため、都市ガスの普及に伴って、石油給湯器からガス給湯器に変える人が続出しました。また、プロパンガスしか供給されていない地域では、電気給湯器へ変更するケースが相次いでいます。ただし、寒冷地では今だに石油給湯器がよく使用されています。

今後の家庭用給湯器はどうなっていくのか

オール電化住宅がもてはやされた時期に、家庭用給湯器を電気式のものに変える人が急増しました。電気給湯器は二酸化炭素の排出がありませんので、地球温暖化の防止にも一役買うことができると、積極的に宣伝活動が展開されていました。イニシャルコストが高いというデメリットがあるのですが、国や自治体が補助金制度を用意しているため、ガス式や石油式の給湯器から電気給湯器に変えた人がたくさんいます。しかし、東日本大震災の際に長期間停電が続いたことで、オール電化はリスクが高すぎると考えられるようになりました。その結果、現在では、電気とガスの両方を使用する、ハイブリッドタイプの給湯器が高い人気を呼んでいます。ハイブリッドタイプの給湯器は、電気式とガス式それぞれのメリットを生かした機能を有していますので、今後はハイブリッド給湯器を設置する人が多くなると考えられています。

給湯器の取付工事がしたい方はこちらに相談してみてください!親切丁寧なスタッフが迅速に対応してくれますよ!

他社と比較しても給湯器修理の費用や対応が抜群に良い業者を利用したいものです。しかも対応が全国だと嬉しいですね。

評判の良い給湯器をランキングで紹介しているサイトがとっても便利なのでぜひ活用してみてはいかがでしょうか。