石油給湯器は寒冷地で活躍〜命をつなぐ給湯器〜

理想の空間業者依頼で手軽に実現

交換時期について

ガス給湯器の交換時期について。

マンションでも、戸建でも、ガス給湯器の交換時期は、10年〜15年といわれています。10年を超えても、なんの問題もなく使用できる場合もあり、たいていの場合、突然お湯が出なくなった等の故障が原因で、交換となる場合が多いです。 交換費用は安くても10万円以上は、給湯器の交換代と工事費でかかります。中には部品交換で済む場合もありますが、10年以上経っている場合は交換部品がない場合もあり、全て交換しなければいけない場合が多いです。 給湯器も追いだき機能や、浴室内から操作ができる機能など、新しい機能が付いている物は、給湯器自体のお値段も高くなります。ライフスタイルに合わせて、新たな機能を付加するかどうか、お値段をどれぐらいに抑えるかどうか、検討されてはいかがでしょうか。

お値段を安く抑えるには。

給湯器の交換にあたって、突然の故障時では、優先順位が、早くお湯を使用できる事になりがちですが、10年を超えた頃に、徹底した見積もりを事前に準備し、交換してしまうのも安く抑える方法です。 現在と同じ型の給湯器の場合は、インターネットを利用して、一番安い給湯器を御自身で購入し、工事のみ請負ってくれる業者を探すのも良い方法ですが、一般的に工事のみ請負ってくれる業者は少ないので、事前に給湯器はご自身で準備する旨伝え、工事費のみの見積もりを行って、工事業者を決定してから購入を進めましょう。 新たな機能付き給湯器を購入する場合も、何社かの業者へ、同じ型番と工事費での見積もりを依頼し検討するべきでしょう。最近では全国対応の業者も多いので、ご近所の業者と、お値段や、後々のメンテナンス、工事保証の内容等で検討される事をお勧めします。